『朝の散歩(きょうは大安)』(190621)

2019/06/21 17:43
  四十雀におい葵の道もあり  散歩に出て行く道のシジュウカラは重く疲れたような鳴き声だった。まだ通勤通学の人や学生たちが行く。  近くの団地の敷地ではタチアオイが盛んに咲いていた。匂いを漂わせて、無の境地。  シジュウカラは人里はなれて元気よく鳴いている。

続きを読む

『しょうがの酢漬けとヨモギ』(180502)

2018/05/03 02:05
 きょうはたくさん寝た。久しぶりにきりきりせずに眠ることができた。現代社会では何か魔よけのようなものをする必要がある。魔よけ対策の効果か否か、は知らないけれど、部屋に入ってくる香料もめったになくて、きょうは眠れたのだ。  ネットカフェで玄米茶を飲み、新聞を読むということはふだんと変わらないけれど、病気が蔓延するこの社会を生き抜くため、雨の中、ヨモギをたくさん採取してきた。きょうはものすごくたくさん採取した。草取りという言い方もできる。  セイタカアワダチソウも..

続きを読む

「知恩院1』(180427)

2018/04/28 09:36
 来週からGWとはいえ、あまり疲れてはいけないので、近場という感じで知恩院へいく。地下鉄の市役所まで歩いて、そこから東山まで行って、歩いていくわけだ。ホテルから歩いていけないことはないけれど、なんとなくしないところが心身ともに健全である。  市役所前のスギ薬局でミネラルウォーターを買おうとしたらないので、水なしのお出かけである。市役所前の大通りの交差点の雑草には、名古屋で見るのと似たような花蜂がいて、やはり一度もぐりこむともう動かない。  そのくらいに何かおいしい..

続きを読む

『たんたんと生きていく』(180402)

2018/04/02 23:29
 ようやくひざが治って来て、走っても痛みが出ないので、少しずつ走る距離を伸ばしている。若い頃とは比べられないけれど、ありがたいことである。  もうすぐ仕事が始まるので、なんとかそれに合わせて調整してきたということだろうか。  走って体操をして、逆立ちしたり、そして夜の公園で休憩。 気功して月を眺めて桜の香 聖なる息吹に平和の祈り

続きを読む

『食事が終って買い物へ行く』(180326)

2018/03/26 23:37
 春休みといえども、実感するのは、生きていくだけも、たいへんだということである。買い物だけでも、健康を考えれば自炊に限るわけで、しかも安い大根、えのきとかなどを探して出かけていかなければならないのだ。さいきんはけっこう年寄りの男の人が一人で買い物に来ていたりする。  きょうはヨモギ酒を作るための焼酎を買うのだ。ヨモギ酒は、昨年からの風邪で梅酒と並んで風邪予防に欠かせない薬になった。  帰りには天然の植物の花の香りが心地よかった。毎日部屋に入ってくる香害で苦しんでい..

続きを読む

もっと見る