『今も昔(釈迦牟尼仏陀の時代)も邪悪な思想がはびこる』(200125)

2020/01/25 19:55
 世の中はどうなっているんだ、という思いにとらわれるのは、寂しいことではある。  法華経の一節に、 「福徳の少ない彼らは苦悩にさいなまれ、死を繰り返した。種々の邪悪な思想の密林の中をさまよい、62種の邪悪な思想を頼りにし、虚偽を固く守ってはばからない」  というのがある。 「心がねじれ、高慢で、不実で、頑固で無知で愚かである」と。 現代の病は邪悪な都市化の中で 生まれ広がり人を苦しめる  さいきん企業の不祥事がまた増えた。  例えば..

続きを読む

『きょうは長谷寺のあと聖林寺へ行った』(191224)

2019/12/24 22:11
 聖林寺の観音菩薩は、言葉にできないものがある。ふれることも口にすることもできない。そのくらいの美しさであった。  そのせいだろうか、薄暗い中に、異界の宙空に浮き上がっているのだ。 聖林寺の十一面観音菩薩 像は美の魂が宿っている  これは美しいこと言語の外にあるもので、写真や映像などで見るものとはまったく違っていた。たまたまひとりっきりになれたので、ありがたかった。国宝である。あるけれど国宝というのはあまり意味がないといえる。言葉を超え..

続きを読む

『長谷寺巡礼』(191224)

2019/12/24 20:34
 長谷寺駅に到着。  電車を記念撮影した。  駅から長谷寺側の風景。  巡礼の道に咲く花。  初瀬川を渡って車の行き来する巡礼の道。前回の暑い時と違ってきょうは巡礼の人というのは見えないようだ。  歩いていくと左手に観音の巡礼を促すようなポスターが貼ってあった。  前回は素通りした法起院。長谷寺の開山堂、徳道上人の霊廟(お墓)がある。 ..

続きを読む

『奈良行きのバス』(191223)

2019/12/24 00:00
 人がいるところでものを食べるのはよくないとはヒンズー教の聖者の言葉であるけれど、じっさい胃が気持ち悪くなってしまうので。だけれど仕方ないので予定通り、時間を見計らって名鉄の地下で買った弁当を食べていく。 奈良行きのバスに揺られて人の世の 苦労が窓に見えてくるかな 晩ご飯一口ごとに口をつく 有難いなあ有難いことだなあ 親父さんと一緒に食事した 感謝の気持ちがまたよみがえり {追記:バスの中のこと}   ..

続きを読む

『通勤の帰り道に前から気になっていたサンタのオブジェに挨拶をしていく』(191202)

2019/12/02 21:24
 今日の帰りのバスで、途中乗ってきた高齢のといっても七十代くらいの男性は、病気持ちも甚だしく、どうしてこんな時間にわざわざバスに乗ってくるのか。  お前はもう死にそうなほどになっているのだぞ。ほかの席がいっぱい空いていたのにどうしてわたしの隣に座るのか?  すでに寿命が尽きるときがそう遠くないというのに、ここで悪いカルマを積んで来世の悪趣を引き寄せているのだぞ。  人は(救いを求めて)他人に近づくより神さまや菩薩、御仏に近づくほうがいい。  人間は病人..

続きを読む

『古本を見ていて世間とは別の世界を見つける楽しみ』(191129)

2019/11/30 00:53
 きょう晩ご飯の買い物に行ってブックオフに寄った。仕事の通勤もそうだけれど、日々の暮らしもストレスだらけなので、気晴らしを兼ねてつい寄ってしまうのだ。  岩波文庫とか講談社学術文庫とか、ながめて、気になる作家や先生たちの欄を見ていて、そのうち『神さまとのおしゃべり』という本があって、手に取ってちらりと見た。 「人間は幸せにはなれない。なぜなら人間が幸せだからじゃ」 「ハハッ(それはある)」と笑った。 「人間はそもそも誰もが仏性を宿し、ただそ..

続きを読む

『通勤電車は座っているときも安心はできないかな』(191111投稿は13日)

2019/11/12 00:00
 家に帰って靴を脱いだら、靴に何かしらの汚物がたくさんついていた。靴下にもそれはしみていた。靴下を脱いだら、足にも若干ついていた。 「どこでついたんだ?」とじっと考えて、「どうやら地下鉄内で論文を読んでいたとき誰かがかけていったんだ!」と気づいた。  真剣に読んでいたので、気にもしなかったけれど、足に何か来た瞬間の記憶があるのだ。  においをかいでみると、若干の甘みを感じた。しかしそれは痰のようにてかてかしている。  それにしても働いている人には終わっ..

続きを読む

『日々毒ガスにふれて暮らす社会になった』(191024)

2019/10/25 03:09
命より金儲け毒ガスの町 暮らせば命の大切さかな   注:柔軟剤の香料とか、各種合成洗剤とか、その被害は自然界にとって甚大だけれど、もちろんそれ以外の香料・芳香剤や抗菌剤などのさまざまな被害も多大だ。化学物質の生産量はまるで二酸化炭素の排出量が右肩上がりで増大しているように、急激に増えている。  自然の生き物であることを忘れてそれらを消費し取り入れ生産する人たちの無知の産物が毒ガス社会である。毒ガスを吸って病気になることよりも金儲けが大切では..

続きを読む

『きょうはまだまだ台風っていう感じじゃないけれど』(191011)

2019/10/12 01:16
 きょうは暑かった。また夏になったなと、散歩で休憩していて思った。あまりにも暑い。ただ蚊がいなかったことが意外でもあった。  きょうは台風のニュースがあまりにも多い。かまびすしいほどに繰り返している。史上最強の台風という。歴史上最高の台風ともいっていた。それじゃあたいへんだな。  スーパーへいったら食料品売り場に異変が。商品があちこち閑散として、棚が底をついていた。惣菜は売り切れ、生魚はほとんどなし。カップ面も棚が底をついている。残っているカップ面もあるけれど、それが..

続きを読む

『きょうはまあ運のいい一日だった』(191004)

2019/10/05 01:17
 散歩の空。社会のこと、生きる糧のことなど考えてしまうのである。  休憩の前、桜の木の下の雑草に奇妙な白いものを見つけた。  なにかよく分からないけれど、そっと静かにしておく。  木の葉を食べながら帰る。  散歩帰りの空。部屋に入るすぐ前。  散歩から帰って食事をし、郵便局へ行って、帰ってきて、公園で少しだけ木と戯れて、昼寝する。  部屋に入る前、玄関前の空。  さいきんこちらの方向の空がよくなった。 ..

続きを読む

『きょうは疲れることが多かったけれどおみくじは大吉で有難い一日といえる』(190920)

2019/09/20 23:53
 きょうはあやふやだった予定を変更して、京都行きを奈良の観光に切り替えた。京都の周山からさらにその先まで行くとなると、帰りのバスの時間が遅くなって優雅に帰ってこれなくなりそう。  きのう長谷寺へ行って聖地巡礼をたんのうしたので、きょうは奈良でまたどこかへ行こうと。  帰りのバスは奈良交通と名鉄バスで予約ができるみたいだったけれど、一苦労二苦労で、けっきょく(奈良の窓口で)予約ができず、 「乗るときバスの運転手さんにお金をはらってください」ということになった。「席..

続きを読む